秋に想う No,5 2002年11月号
2002.11.20
秋に想う No,5 2002年11月号 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

秋に想う No,5 2002年11月号


 秋が好きだ。一般に自分の誕生月のある季節は「ラッキー」だといわれているが、私も例にもれず、一年のうちで自分にとって し・あ・わ・せと思える出来事は、秋に集中している。

私の生まれ月は、9月で秋の初めだが、知床の秋は8月中旬には始まる。

今年は冷夏で8月でもストーブを炊いていた日が多かった。その分どうかはわからないが 9月、10月は比較的暖かい日が多かったと思う。

秋の初めというのは独特のはかなさがある。去ってしまう夏をいつくしみながらそれを追いかけるように始まる静かな秋・・・

少女が大人になる時のように さみしさと華やかさの入りまじった一瞬の美しさがあって1年の中で最も好きな季節だ。

10月になると秋が本格的に深まり それまで庭先で元気に成長していた雑草達の力が急速に衰える。秋の草花のいぬだてやレース草の可憐なたたずまいは深まる秋によく似合う。

レース草はかすみ草に似た小さな白い花でよく晴れた日の午後 ふっと窓の外に目をやると庭全体を白いレース編みでおおわれたように咲いていたりする。

秋に想う No,5 2002年11月号 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

なんとも しあわせな家庭のかおりがして「いいなあ」と思う。11月に入ると知床連山は白く染まりオホーツクの海は連日荒れ狂う。平地でもみぞれやあられが時々降りる。

いつ初雪になるか わからない緊張感の中でダイコン干しをして漬け物を漬けたり 山ぶどうを採って来てジャムやジュースを作りカボチャをスープにしてひと冬分冷凍する。

この頃では越冬野菜などという言葉も死語になりつつあるが 私は毎年農家の友達から大根、人参、じゃがいもなどを越冬用として大量にもらう。

それを地下室の所定の場所に納めると「冬ごもり」の準備ができ上がったようで落ち着く。「これで吹雪で4,5日道が空かなくても大丈夫」などと1人で悦に入るのだ。

秋の仕事のしめくくりとして家じゅうのフローリングに3日間かけてワックスがけをする。

雪のない地方なら年末の大掃除の時でも十分だが 雪深い知床では空気の乾燥しているこの時期に終わらせるのが鉄則だ。

ついでに大掃除を兼ねて家の中をひととおり磨き上げ 自己満足に浸っていると山の方からチラリホラリと初雪がおり長い冬を迎える。



著者:知床四季のエッセイ 村石孝枝(アトリエ夢民)
写真:オホーツクドットコム
1枚目:サンゴ草 網走市卯原内 9月
2枚目:白鳥 網走市北浜白鳥公園 3月

2004年
知床四季のフォトエッセイ Top
研修旅行 No,27 2004年12月号
森の掟 No,26 2004年11月号
フィナーレ No,25 2004年10月号
県民性 No,24 2004年9月号
真夏の夜の夢 No,23 2004年8月号
近況 No,22 2004年6月号
旅立ち No,21 2004年5月号
調和 No,20 2004年4月号
同窓会 No,19 2004年2月号
世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号

2003年
師走 No,17 2003年12月号
早朝の港 No,16 2003年11月号
星風呂の家 No,15 2003年9月号
約束 No,14 2003年8月号
それぞれの思いNo,13 2003年7月号
達成感 No,12 2003年6月号
共存 No,11 2003年5月号
春の訪れ No,10 2003年4月号
冬のタンポポ No,9 2003年3月号
流氷ウオーク No,8 2003年2月号
心の栄養 No,7 2003年1月号

2002年
楽しむ No,6 2002年12月号
秋に想う No,5 2002年11月号
自然観察会INルシャ No,4 2002年10月号
輝いている No,3 2002年9月号
笑顔の秘密 No,2 2002年8月号
無農薬 No,1 2002年7月号

- CafeLog -