世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号
2004.01.21
世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号 知床四季のエッセイ 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号


 お正月を5年ぶりに 知床で過ごした。昨年亡くした 義兄の法要が今月の下旬にあるので 帰省時期を少しずらしたからだ。

 例年だと あわただしく迎える年末を 家族だけで のんびりと過ごした。

 知床では お正月に「めでたい」に肖ってか 鯛に似た「キンキ」という魚を食べる家が多い。

 地元では メンメと呼ばれていて 鮮やかな赤色が新春の気分を盛り上げてくれる。この高級魚を近所の漁師さんから5匹も いただいたので後はおせち料理を 7~8品程作った。

「最近はスーパーも元旦から開けているから おせちなんて必要ないわ」と いうのは ごく普通の町に住む人だ。

 ここウトロでは コンビニは開けていても スーパーはしっかりと5日までは 正月休みだ。だから 最低限必要なものは 31日までに揃えておかなければならない。

その意味では おせち料理も かなり大切かもしれない。それに おせちは単品で作ると実は とても簡単なものが多い。

どれも 20~30分で完成するものばかりだ。それらを お重箱に詰めると あのように豪華に見える。

 和食はもちろん 洋食あり 中華ありで まるで料理の花束のようだ。
それらを作りながら やっぱり紅白歌合戦も見た。

「トリ」のスマップの「世界で一つだけの花」を聞きながら中3で受験生の娘は

「この歌 何甘ちょろいこと言ってんの! こんなこと言ってたら受験に勝つことできないの!!
 人をおしのけても一番にならなくちゃダメなの」

と テレビの画面に向かって イキまいている・・・

世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号 知床四季のエッセイ 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

 うん まあ中学生なら わかるような気がするね。人生これからだものね。

この曲は ある意味 人生の頂点を究めた人だからこそ 言えるのかもしれないね。

いいえ!究めていなくても 人生の折り返し地点を過ぎた 私達世代にはとても心地いいけれどネ。

「世界に一つだけの花~NO1にならなくてもいい。もともと特別なonly one~」

と 画面から そう言ってもらえるだけで ファンの私などは「ありがとう」と返したくなる。

歌手っていいなあ!3分間で人を元気にしたり 勇気づけてたりできるんだものね。

そんな感慨にふけっていると 画面は「ゴーン」と除夜の鐘が鳴っている。

 知床ならではのことなど何もなく 新しい年はやって来た。



著者:知床四季のエッセイ 村石孝枝(アトリエ夢民)
写真:オホーツクドットコム
1枚目:雪原常呂町1月
2枚目:直線道路清里町1月

2004年
知床四季のフォトエッセイ Top
研修旅行 No,27 2004年12月号
森の掟 No,26 2004年11月号
フィナーレ No,25 2004年10月号
県民性 No,24 2004年9月号
真夏の夜の夢 No,23 2004年8月号
近況 No,22 2004年6月号
旅立ち No,21 2004年5月号
調和 No,20 2004年4月号
同窓会 No,19 2004年2月号
世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号

2003年
師走 No,17 2003年12月号
早朝の港 No,16 2003年11月号
星風呂の家 No,15 2003年9月号
約束 No,14 2003年8月号
それぞれの思いNo,13 2003年7月号
達成感 No,12 2003年6月号
共存 No,11 2003年5月号
春の訪れ No,10 2003年4月号
冬のタンポポ No,9 2003年3月号
流氷ウオーク No,8 2003年2月号
心の栄養 No,7 2003年1月号

2002年
楽しむ No,6 2002年12月号
秋に想う No,5 2002年11月号
自然観察会INルシャ No,4 2002年10月号
輝いている No,3 2002年9月号
笑顔の秘密 No,2 2002年8月号
無農薬 No,1 2002年7月号

- CafeLog -