フィナーレ No,25 2004年10月号
2004.10.21
フィナーレ No,25 2004年10月号 知床四季のエッセイ 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

フィナーレ No,25 2004年10月号


 今年の秋は珍しく 紅葉が美しい。先日の土曜日には 半島の反対側のラウス町から知床峠を超えて ウトロまでの知床横断道路全線25キロを歩くという「知床紅葉ウオーク」なる催しがあった。

 これは歩きながら 秋の紅葉を楽しもう!という企画で 参加者は全国各地から約490人もが集まった。

 開会式には 高円宮妃久子様も出席されて激励の言葉をかけられたそうだ。この横断道路は 夏期限定で雪が降ったら閉鎖してしまうという

北国仕様が特徴だ。

 だから ウトロとラウスは 夏は近い隣町だけれど 冬は遠回りして行かなければならない 近くて遠い町となる。

 横断道路は 標高が高い分 景色は絶景で 若葉の頃からずっと訪れる観光客を楽しませてくれる。

 紅葉ウオークに参加した「○○歩こう会」の元気な おじさま おばさま方は 口々に「イヤー本当によかった」「あんなに きれいな紅葉は見たことないよ」と ホテルのお店に来て 満足そうに話してくださった。

 それを聞いて 私も急に紅葉が見たくなり 翌日知床峠まで 車を走らせた。

 知床の紅葉は 8月下旬から始まり ゆっくり進行し 気が付くとあたり一面が色づいていて「秋なんだ」と感じる。

 そして この頃に必ずといっていい程 大風が吹いたり 台風が来たりして 葉っぱは落ちてしまい 紅葉の途中で終わる年がほとんどだ。

 それが今年は 台風が来ても それほど影響はなかったし 強風も吹かなかったのに加えて 夏に猛暑がつづき 寒暖の差が激しかったのも

フィナーレ No,25 2004年10月号 知床四季のエッセイ 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

良かったのかもしれない。

 例年だと「赤色」が少ない知床の紅葉だが 今年は近年にない程
色がきれいだ。

 峠の頂上は もう終わりに近いが 途中の尾根のあたりは ナナカマドの赤い色々がひときわ鮮やかだ。

 それを引き立てているのが ダケカンバの黄色で 絵の具のチューブをそのまま塗ったかのような ハッと息をのむ美しさだった。 

 いわば この季節は 春から育った木の葉達の「フィナーレ」でありさみしさの中に ちょっと華やかさも感じられて 私は好きだ。

 自然と一緒に暮らす知床の人々にとっては これからやって来る冬へのはかなくて美しい 儀式のようにも思える。



著者:知床四季のエッセイ 村石孝枝(アトリエ夢民)
写真:オホーツクドットコム
1枚目:雌阿寒オンネトー11月
2枚目:池の湯屈斜路湖10月

2004年
知床四季のフォトエッセイ Top
研修旅行 No,27 2004年12月号
森の掟 No,26 2004年11月号
フィナーレ No,25 2004年10月号
県民性 No,24 2004年9月号
真夏の夜の夢 No,23 2004年8月号
近況 No,22 2004年6月号
旅立ち No,21 2004年5月号
調和 No,20 2004年4月号
同窓会 No,19 2004年2月号
世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号

2003年
師走 No,17 2003年12月号
早朝の港 No,16 2003年11月号
星風呂の家 No,15 2003年9月号
約束 No,14 2003年8月号
それぞれの思いNo,13 2003年7月号
達成感 No,12 2003年6月号
共存 No,11 2003年5月号
春の訪れ No,10 2003年4月号
冬のタンポポ No,9 2003年3月号
流氷ウオーク No,8 2003年2月号
心の栄養 No,7 2003年1月号

2002年
楽しむ No,6 2002年12月号
秋に想う No,5 2002年11月号
自然観察会INルシャ No,4 2002年10月号
輝いている No,3 2002年9月号
笑顔の秘密 No,2 2002年8月号
無農薬 No,1 2002年7月号

- CafeLog -