流氷ウオーク No,8 2003年2月号
2003.02.20
流氷ウオーク No,8 2003年2月号 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

流氷ウオーク No,8 2003年2月号


 今 流氷ウオークが静かなブームだ。本来は 流氷の上を歩くのは禁止されている。特に ここ数年は氷が薄かったり 接岸期間が短かったりで いつ氷の動きがあるか わからない状態なので非常に危険だ。

そこで 「この日々変化する流氷達をもっと 積極的に見て感じて楽しもう!」と企画されたのが「流氷ウオーク」だそうだ。私も インストラクターをしている友人に誘われて仲間数人と流氷ウオークに挑戦してみた。

まずは海岸で軽い準備体操をして 専用のドライスーツに着替える。このスーツは収縮性のある 特殊なポリエステルでできていて とても暖かい。首までスッポリと縫い目のない 1枚布で作られていて 着ぐるみのように靴や手袋まで付いている。

「これさえ着ていれば流氷の間に落ちても大丈夫」とインストラクターの友人が 得意満面の笑顔を向ける。ならば・・・と さっそく途中 流氷のキレ間を手でこじあけて おそるおそる海水に浸ったみた。

「ウン 冷たくない」

それに体じゅうに浮き輪を付けているように 気持ちよく浮く。顔だけを氷の上に出すので まさに「流氷風呂」だ。

流氷ウオーク No,8 2003年2月号 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

のんびりと青空を見ていると なんだかアザラシの気分も味わえる。流氷が押し寄せてしまうと 沖から見える風景は一面の雪の原のように見えて 個々の氷の形をみることはできないが この流氷風呂では氷の大きさや質感 そして流氷ブルーと呼ばれている 美しい独特の水色を間近で見ることができた。

「この氷はどこを旅して このウトロに やって来たのかなあ」などと思いを巡らせていると はるか前方に 何やら枯枝のようなものが見える。

「こんな 流氷原に木などあるわけない」と誰もが そう思ったらしく急いで駆け寄ってみると それは何と雄鹿の角だったのだ。

でもどうして?なぜ?

「たぶん まだ流氷が接岸してすぐの頃に 鹿が流氷の上を陸だと思って乗ってしまった。そしたら 流氷が動き出してしまい 鹿は陸に戻れなくなってしまったんですよ」と友人が説明してくれた。さらに 「そして エサがなくて 弱った鹿をオジロワシかオオワシが襲いかかり 追われた雄鹿は力尽きて 海へ落ちた。そして 角だけが残った」と言うのだ。

ウ~ンなるほどねえ。たぶんこの推理は正解だ。あたりには まだ争った形跡が残っているし 氷のうえには まだ鳥の羽らしきものや 鹿の骨や毛などが散乱している。

メルヘンの世界のような この流氷の上でくり広げられる 生命を賭けた戦い・・・。

降り出した雪に「そろそろ帰ろうか」と仲間の声がした。

極寒の季節は まだまだ つづく。



著者:知床四季のエッセイ 村石孝枝(アトリエ夢民)
写真:オホーツクドットコム
1,2枚目:知床ウトロ 2月

2004年
知床四季のフォトエッセイ Top
研修旅行 No,27 2004年12月号
森の掟 No,26 2004年11月号
フィナーレ No,25 2004年10月号
県民性 No,24 2004年9月号
真夏の夜の夢 No,23 2004年8月号
近況 No,22 2004年6月号
旅立ち No,21 2004年5月号
調和 No,20 2004年4月号
同窓会 No,19 2004年2月号
世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号

2003年
師走 No,17 2003年12月号
早朝の港 No,16 2003年11月号
星風呂の家 No,15 2003年9月号
約束 No,14 2003年8月号
それぞれの思いNo,13 2003年7月号
達成感 No,12 2003年6月号
共存 No,11 2003年5月号
春の訪れ No,10 2003年4月号
冬のタンポポ No,9 2003年3月号
流氷ウオーク No,8 2003年2月号
心の栄養 No,7 2003年1月号

2002年
楽しむ No,6 2002年12月号
秋に想う No,5 2002年11月号
自然観察会INルシャ No,4 2002年10月号
輝いている No,3 2002年9月号
笑顔の秘密 No,2 2002年8月号
無農薬 No,1 2002年7月号

- CafeLog -