師走 No,17 2003年12月号
2003.12.21
師走 No,17 2003年12月号 知床四季のエッセイ 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

師走 No,17 2003年12月号


 12月の知床は 1年を通して 最も観光シーズンのOFFといえる。

 今年は冷夏だった影響か 秋はとても暖かくて 例年より1ヶ月も長く楽しめた。

 農業も豊作だったし 鮭漁はここ数年で一番の大漁だったそうだ。漁師さん達は切り上げて 旅行が海外や沖縄と豪華だ。こうゆう年は ウトロ全体が なんとなく明るい。

 私達 観光の仕事をしている仲間も それぞれの店を一旦閉めて本格的な冬を迎える前に 家のまわりや 最終の庭木の手入れなどを済ませる。

「初雪は いつ頃降るんですか」と よく聞かれるが その年によって1ヶ月ぐらいの幅がある。昨年は 11月20日頃だったが 一昨年は11月上旬だったと思う。

 今年はといえば なんと今日(12月7日)だ。雪が降り積もるまでは どんなに寒くても まだ 秋の気配が残っているのに白一色になると それまでの風景が一変し 一気に冬になる。季節の変化が とてもわかりやすい。

 12月というと 一家の主婦にとっては「忙しい」という イメージがあるが 自分も含めて まわりの友達も あまりそんな風には見えない。むしろ 夏の間じゅう 休みなく働いている人が多いので 雪が降り積もるとのんびりと 体を休めているような感じだ。

 私も この時期は 友人と持ち寄りのランチパーティーをしたり しばらく会えなかった友達を招いて 新メニューを披露したりしている。

 知床の女性達は とてもよく働く。ウトロには ホテルだけでも 7つもあるので 早朝から深夜に渡り
さまざまな分野での仕事がある。

師走 No,17 2003年12月号 知床四季のエッセイ 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

 子供が小さい人は 日中保育所や学校に行っている間に。子供が大きくなれば空いた時間にと ライフスタイルに合わせて仕事を選んでいる。

 その他 自営業や独立して船を持っている漁師さん達の 奥さんも「賄い」などで大忙しだ。

忙しいついでに 秋のうちに たいていの家は 大掃除も済ませてしまうので12月は 気分的にも ちょっと余裕なのかもしれない。

 街では大イベントのクリスマスも ここでは実にそっけない。クリスマスソングも 流れているわけでもないから テレビやラジオで「クリスマス特集!」などがあると じっと聞き入ってしまう。

だからからなのか 我が家のクリスマスの飾り付けは 年々ハデになっている。

 さすがに 生のモミの木はないが 1メートル程に成長した「クレスト」の木に赤や緑のリボンをつけて ガラスのオーナメントを飾る。

玄関や家の あっちこっちには リースやミニツリーを置いて気分を高めるようにしている。

 当日は チラホラと降る雪はムードを盛り上げるのに満点だがもし吹雪にでもなったら さすがにサンタさんもソリを使えない。

子供達は 24日の天候が一番心配だ・・・



著者:知床四季のエッセイ 村石孝枝(アトリエ夢民)
写真:オホーツクドットコム
1枚目:メルヘンの丘女満別町12月
2枚目:斜里岳斜里町12月

2004年
知床四季のフォトエッセイ Top
研修旅行 No,27 2004年12月号
森の掟 No,26 2004年11月号
フィナーレ No,25 2004年10月号
県民性 No,24 2004年9月号
真夏の夜の夢 No,23 2004年8月号
近況 No,22 2004年6月号
旅立ち No,21 2004年5月号
調和 No,20 2004年4月号
同窓会 No,19 2004年2月号
世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号

2003年
師走 No,17 2003年12月号
早朝の港 No,16 2003年11月号
星風呂の家 No,15 2003年9月号
約束 No,14 2003年8月号
それぞれの思いNo,13 2003年7月号
達成感 No,12 2003年6月号
共存 No,11 2003年5月号
春の訪れ No,10 2003年4月号
冬のタンポポ No,9 2003年3月号
流氷ウオーク No,8 2003年2月号
心の栄養 No,7 2003年1月号

2002年
楽しむ No,6 2002年12月号
秋に想う No,5 2002年11月号
自然観察会INルシャ No,4 2002年10月号
輝いている No,3 2002年9月号
笑顔の秘密 No,2 2002年8月号
無農薬 No,1 2002年7月号

- CafeLog -