春の訪れ No,10 2003年4月号
2003.04.21
春の訪れ No,10 2003年4月号 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム<br>

春の訪れ No,10 2003年4月号


 4月上旬といえば 関東地方あたりでは 春爛漫というところだが北海道ではそうはいかない。特に今年は積雪量が多くて まだまだ家のまわりは雪に囲まれている。

 それでも 春一番は 一週間程前に吹き 流氷は一晩で 一気に無くなった翌朝 久しぶりに青い海を見ると「春だなあ」と感じたが その夜にまたまた 北風が吹き荒れ吹雪になった。風景は一面の流氷原になり 真冬に逆もどりした気分だった。

 こんな いったり来たりを3,4回 くり返しながら 春は だんだん近くなる。

 雪がまったく無くなるのは 4月の中旬くらいだが 毎年不思議に思うのは 植物たちは ちゃんと雪の下に 緑色の葉っぱを 小さくたたんで 季節がくるのを待っている。

 だから あっという間に 芽吹きを迎え 「あれ もうずっと前から春だったのかな」と錯覚しそうになる。

 それから しばらくすると 新緑と新緑のあいだに 薄ピンクのかたまりが見える。これが山桜だ。

春の訪れ No,10 2003年4月号 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム<br>

 北海道では 本州のように桜の木の下で「場所とり」をして 大宴会をする というような花見は あまりしない。特に知床は平地が少ないので山桜が一般的だ。でも 花見というイベントは 仲間うちでけっこう盛大にやっている。バーベキューに焼き肉 焼き蟹や帆立と ごちそうもすごい。

 たいてい 桜の花は 山から ひと枝だけ折ってきて バケツに入れて置く程度の 形式だけのものなので 無くても問題はない。

 それよりも 何よりも 皆、やって来た春がうれしいのだ。

 北国の冬は 本当に長いから「雪どけ」という言葉の響きには ある種の達成感のようなものがある。「共に冬を越えた」という仲間意識が みんなを元気にしているのかもしれない。

 また季節が変わるということは 自然の力のすごさや 生命のいぶきみたいなものを肌で感じるから 少し背筋を伸ばしてみたくなる。



著者:知床四季のエッセイ 村石孝枝(アトリエ夢民)
写真:オホーツクドットコム
1,2枚目:海明け網走市北浜駅 4月

2004年
知床四季のフォトエッセイ Top
研修旅行 No,27 2004年12月号
森の掟 No,26 2004年11月号
フィナーレ No,25 2004年10月号
県民性 No,24 2004年9月号
真夏の夜の夢 No,23 2004年8月号
近況 No,22 2004年6月号
旅立ち No,21 2004年5月号
調和 No,20 2004年4月号
同窓会 No,19 2004年2月号
世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号

2003年
師走 No,17 2003年12月号
早朝の港 No,16 2003年11月号
星風呂の家 No,15 2003年9月号
約束 No,14 2003年8月号
それぞれの思いNo,13 2003年7月号
達成感 No,12 2003年6月号
共存 No,11 2003年5月号
春の訪れ No,10 2003年4月号
冬のタンポポ No,9 2003年3月号
流氷ウオーク No,8 2003年2月号
心の栄養 No,7 2003年1月号

2002年
楽しむ No,6 2002年12月号
秋に想う No,5 2002年11月号
自然観察会INルシャ No,4 2002年10月号
輝いている No,3 2002年9月号
笑顔の秘密 No,2 2002年8月号
無農薬 No,1 2002年7月号

- CafeLog -