冬のタンポポ No,9 2003年3月号
2003.03.21
冬のタンポポ No,9 2003年3月号 著者:村石孝枝 写真:オホーツクドットコム

冬のタンポポ No,9 2003年3月号


 昨年の秋の終わりに 庭に何げなく生えているタンポポの一株を鉢植えにして部屋に置いてみた。

 きっと家の中は暖かいので春になる前に花を咲かせて 家族中を「しあわせ気分」にしてくれるだろうと 思ったからだ。

 しばらくは そのままの枯れ葉色だったが お正月を過ぎる頃から急に若葉が増えはじめ 期待どうり 2月下旬のダイヤモンドダストの舞う寒い朝に あの愛らしい黄色い花を つけはじめた。

「花の中で何が好き?」と聞かれたら迷わず タンポポと答える。だいたい黄色い花は 好きなのだが 黄色い花にもいろいろある。

菜の花のヘルシーな黄色。ヒマワリの陽気な黄色。水仙の繊細な感じの黄色も いいなあと思う。

 でもタンポポの心に陽をともすような 暖かな黄色は もう無条件に一番好きだ。

 我が家から見える 一面のオホーツクの流氷と次々に咲く タンポポの花。真冬の知床と 小さな黄色い春。確かに思っていた通り 絵になっていてステキなのだけれど。何かが違う!

 タンポポの愛らしさ かわいらしさは 何も変わっていないのにおかれている場面が違うだけで こんなにも 印象は違って見えるのだろうか。

 タンポポの花を美しく 元気に見せていたのは やはり 流氷の海やダイヤモンドダストではなくて あのおだやかな 春の光と 風なのかもしれない。それを確信したのは タンポポが綿毛になった時だ。

だって タンポポの綿毛を運ぶのは大地と風が ここにはありません。



著者:知床四季のエッセイ 村石孝枝(アトリエ夢民)
写真:オホーツクドットコム
1枚目:流氷 ウトロ1月

2004年
知床四季のフォトエッセイ Top
研修旅行 No,27 2004年12月号
森の掟 No,26 2004年11月号
フィナーレ No,25 2004年10月号
県民性 No,24 2004年9月号
真夏の夜の夢 No,23 2004年8月号
近況 No,22 2004年6月号
旅立ち No,21 2004年5月号
調和 No,20 2004年4月号
同窓会 No,19 2004年2月号
世界で一つだけの花 No,18 2004年1月号

2003年
師走 No,17 2003年12月号
早朝の港 No,16 2003年11月号
星風呂の家 No,15 2003年9月号
約束 No,14 2003年8月号
それぞれの思いNo,13 2003年7月号
達成感 No,12 2003年6月号
共存 No,11 2003年5月号
春の訪れ No,10 2003年4月号
冬のタンポポ No,9 2003年3月号
流氷ウオーク No,8 2003年2月号
心の栄養 No,7 2003年1月号

2002年
楽しむ No,6 2002年12月号
秋に想う No,5 2002年11月号
自然観察会INルシャ No,4 2002年10月号
輝いている No,3 2002年9月号
笑顔の秘密 No,2 2002年8月号
無農薬 No,1 2002年7月号

- CafeLog -