チミケップ湖 静寂な湖 津別町
2019.06.19
チミケップ湖 静寂な湖 津別町
チミケップ湖 静寂な湖 津別町

津別町から阿寒湖へ向かう途中、右折し山奥へ向かって行くと小さな湖、チミケップ湖へ着きます。北見市側からも行けます。

この写真は2002年7月に撮影しました。桟橋で釣りをしている男性がいます。先日の地元記事を読むとニジマスが釣れるそうです。ここの湖は山奥で建物もチミケップホテルしか建っておりません。湖畔にはキャンプ場もあります。全く音の無い静かな湖です。穴場かな?ニジマスは阿寒湖も釣れているそうです。



北見市常呂町に実在した常呂高校女子カーリングチーム映画『シムソンズ』
2019.06.18

動画:シネマトゥデイ
昨日、北見市常呂町へ仕事で。常呂神社で水を汲みましたが、やはり昨年より旅行者が減ったような・・・。それでも、レンタカーや本州ナンバーの車を少しづつ見かけるようになりました。昨年は観光バスも来ていました。ビックリ!!ロコ・ソラーレ(旧LS北見)の銅メダル獲得というものの影響力はすざましいものを感じます。北見市民としてカーリングがメジャーなスポーツとして定着することを願います。

動画は、北見市常呂町に実在した常呂高校女子カーリングチーム「シムソンズ」の映画です。2006年製作。オール常呂町ロケ。映画撮影時の旧常呂カーリングホールや河西建設カーリング場、カフェしゃべりたい、サロマ湖、サロマ湖展望台、佐呂間町キムアネップ岬、JR北見駅、旧国鉄湧網線常呂駅(現バスターミナル)の広場、丘陵地帯、秋の常呂町の畑作の風景、オホーツク海沿いの畑作地帯などが映し出されています。

出演:加藤ローサ、藤井美奈、星井七瀬、高橋真唯、田中圭、大泉洋、森下愛子、夏八木勲、松重豊、高田延彦など。当時小学生エキストラで「ロコ・ソラーレ」のメンバーに吉田夕梨花選手など出演。

管理者、結構好きで昨年DVDを買い時々見ています。撮影当時、DVD出たら買おうと思っていましたがようやく買えました。北見市常呂町の風景が好きなんだよな~!


ホタテセット 北海道ぎょれん
2019.06.18
北海道ぎょれん いくら醤油漬け・ホタテセット
北海道ぎょれん いくら醤油漬け・ホタテセット


北海道ぎょれん 北海道産毛がに・ほたてセット
北海道ぎょれん 北海道産毛がに・ほたてセット



管理者、北見市常呂町漁業協同組合直売所で仕事の帰りに「活きた貝付きのホタテ」を時々買います。貝を開けて刺身にしたり、焼いても食べます。

オホーツク海で「放し飼い」されていたホタテは泳いでいるので貝柱がしっかりしています。泳ぐといっても天敵のヒトデから身を守るために貝を開閉することによって水流を発生させ貝を動かします。オホーツク海沿いのホタテは「放し飼い」され養殖されています。オホーツク海のホタテ漁は大体12月中旬まで。


商品をご確認の上、ご購入下さい。販売はJAタウンです。



旬のアスパラガス 道の駅めまんべつ 大空町女満別
2019.06.14
旬のアスパラガス 道の駅めまんべつ 大空町女満別
旬のアスパラガス 道の駅めまんべつ 大空町女満別

昨日のメルヘンの丘に続き女満別の「道の駅」に寄ったら旬の地元産の野菜が売っており入り口にはアスパラガスが細、太、量、はね品など400円から1,500円で売っていました。

30本くらいの中太の450円の買いました。やっぱり旬のアスパラガスは旨いね~。

左隣にはフードコートもあります。フードコートの施設内には女満別観光協会もあります。


メルヘンの丘 じゃがいも畑&麦畑 大空町女満別
2019.06.13
メルヘンの丘 じゃがいも畑&麦畑 大空町女満別
メルヘンの丘 じゃがいも畑&麦畑 大空町女満別

6月12日に撮影した、大空町女満別「メルヘンの丘」です。正面がじゃがいも、右が麦です。

じゃがいもは白い花かピンク色の花か、どちらが咲くかは分かりません。芋の品種によって花の色が違います。白い花が男爵イモ?ピンク色がメークイン?だったかな?

右の麦は、先端の毛が長くなっているのでサッポロビールと契約栽培しているビール麦と思います。今年も北海道限定サッポロビールの原料の麦芽に使用されると思います。

ホップは富良野産?美瑛産かな?地産地消サッポロビール。じゃがいもはカルビーのポテトチップスかな?

秋が楽しみです。


ホテル川湯パーク 硫黄山の麓「川湯温泉」
2019.06.09
ホテル川湯パーク 硫黄山の麓「川湯温泉」
ホテル川湯パーク 硫黄山の麓「川湯温泉」

道東の弟子屈(てしかが)町、川湯温泉「国民宿舎ホテル川湯パーク」に泊まっています。先ほど、温泉に浸かってきましたがやはりいい湯です。源泉は、すぐそばにある硫黄山に熱せられた摩周湖の伏流水が地下を通り川湯温泉街へと自噴しています。泉質は強酸性の硫黄泉。飲めないので、口に含むと物凄く酸っぱく、目に入ると痛いです。

昔、ここ川湯温泉は湯治場だったので効能は抜群です。詳しくは、管理者が作ったサイトをご覧ください。
「国民宿舎ホテル川湯パーク」は素泊まりで4,200円(税込み)。非常に安いだけあってトイレは共同、エアコンなし、布団は自分で敷く。

管理者、朝飯は食べないし、晩飯は味楽寿司さんで食べるのでこれで十分。遠いのなら、贅沢しますが近間の北見市なので・・・。

今日、人が少ないようなので浴場の写真撮りました。7月に入ると富良野のラベンダーが咲き出しますので、ここのホテルも混みます。

ちなみに「国民宿舎ホテル川湯パーク」さんは今年の9月連休で営業を終了するそうです。環境省に土地を更地にして返さなければならないそうです。残念。2012年頃から、時々泊まっていましたが・・・

今日、予定していた斜里へは急遽中止。北見へ戻ります。くそ~摩周湖の水が沸く「神の子池」がまた遠のく・・・。



- CafeLog -