芝桜公園 大空町東藻琴
2020.04.25
シバザクラ公園 大空町東藻琴
芝桜公園 大空町東藻琴

2009年5月16日に撮影した、大空町東藻琴のシバザクラ公園です。例年5月連休明けに満開を向かえます。今年は新型コロナウィルスのせいで・・・。この5月連休で終息する事を願います。

雪の残る山は藻琴山です。この山の小清水峠を越えると、屈斜路湖が眼下に広がり、硫黄山の噴煙の麓にある川湯温泉があります。摩周湖神の子池裏摩周展望台もすぐそばです。


仕事で大空町女満別へ行った際、シバザクラ公園のポスターが貼ってありました。

・開園期間 5月3日~5月31日
・新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、予定していたシバザクラライトアップや花火が中止。

イベントは来年に行われる予定だそうです。

この新型コロナウィルス、本当にくだらねぇ奴!!

行者ニンニク 津別町
2020.04.23

2020/4/23
行者ニンニク 津別町

管理者、北見市の隣町津別町にも仕事で行きます。津別町の山奥にはひっそりと佇む「チミケップ湖」があります。冬季通行止めの津別峠から望む雲海の屈斜路湖も有名です。また「熊焼き」で有名な道の駅「相生」もあります。阿寒湖オンネトーにも近いです。

春の味覚、行者ニンニクが地元のスーパーで今年も売られていました。ニンニクより遥かに臭い行者ニンニク。スタミナはニンニクどころではありません。これと常呂産の山わさび醤油で食べると辛いのなんの、臭いのなんの・・・。そして常呂産のホタテの刺身と一緒に食べるともうたまりません。管理者の春が旬の楽しみです。そして常呂産の毛ガニも!


あなたも写真をメインとした独自ドメインでフォトブログホームページ作ってみませんか?

2020.04.23 06:21 | 固定リンク | 山菜 春
山わさび 北見市常呂町
2020.04.21
山わさび
2020/4/21
山わさび 北見市常呂町

本当はサロマ湖四季の風景に書けば良いのですが、グルメ店を更新したばかりなので・・・。新型コロナウィルスのせいで5月連休まで自粛しなければならないので、5月連休明けサロマ湖や湧別のチューリップ公園へお越しの際参考にして見て下さい。

道民の方なら山わさびは見たことがあると思いますが、野生の山わさびはこのように春になると地面から出てきます。と言うより枯葉を掻き分けます。北見市常呂町の道路沿いにはこのように野生の山わさびが生えています。これを鉄製のスコップで掘ります。あとは水で洗って土を落としおろし金で下すと出来上がりです。これがなまら辛く美味いんです。北海道人の春の楽しみです。今度の休みの日に掘ってこようかな~と思っています。ちなみに場所はお教えできません。ご了承下さいネ!

管理者の大好きな雌阿寒のオンネトーが4月12日開通しました。開通したばかりの雌阿寒のオンネトーへ行って来ましたので良かったらご覧下さい。


あなたも写真をメインとした独自ドメインでフォトブログホームページ作ってみませんか?
2020.04.21 06:02 | 固定リンク | 山菜 春
丹頂鶴 網走市卯原内
2020.04.06
丹頂鶴 網走市卯原内
2020/4/6
丹頂鶴 網走市卯原内

昨日、北見市常呂町から美幌町へ移動の際、偶然にも丹頂鶴のつがいを撮りました。昨年植えたレントコーン畑の茎が沢山見られます。レントコーンは牛の餌になります。とうきびに似た植物です。左の鶴は堆肥の上に上っています。

網走市卯原内は能取湖のサンゴ草が有名な場所です。秋には真赤に染まります。ここは道道美幌-卯原内線を内陸に5㎞ほど行った所です。

丹頂鶴は2年ほど前からサロマ湖に面した佐呂間町浜佐呂間でよく見かけましたが、今度は網走の卯原内でみられるとは思いませんでした。網走国定公園にはサロマ湖、能取湖、網走湖があるので丹頂鶴はここら辺に生息しているのかも知れません。


あなたも写真をメインとした独自ドメインでフォトブログホームページ作ってみませんか?

雪解けのメルヘンの丘に白鳥2羽 大空町女満別
2020.03.26
雪解けのメルヘンの丘に白鳥2羽 大空町女満別
2020/3/26
雪解けのメルヘンの丘に白鳥2羽 大空町女満別


昨日、女満別の道の駅へ寄った際近くなのでメルヘンの丘まで行って撮りました。雪解けが進み、秋に蒔いた秋蒔き小麦が雪の下から見えます。今年のメルヘンの丘は麦畑です。夏の7月頃には大型のコンバインで収穫されます。これも絵になります。写真撮影に来て見てはいかがでしょうか?夏の女満別空港滑走路沿いにはヒマワリも満開を向かえます。ヒマワリは8月頃だったでしょうか?

麦畑の水溜りに白鳥が2羽います。シベリアへ帰る途中に寄ったんだと思いますが。水が引けばいなくなると思います。春のこの時期はシベリアへ帰る白鳥達があちこちの畑でよく見られます。

ちなみに道の駅でメークイン(じゃがいも)1袋1㎏110円で2袋買いました。メークインは煮物にすると煮崩れしにくい芋です。管理者良く買います。この時期、越冬野菜が低価格で買えるのは助かります。流石、農家の道の駅?スーパー高くて!・・・。今度は網走湖産シジミサイダー?を買おうと思います。美味いんだべか?免疫抵抗力付けないと・・・。


あなたも写真をメインとしたフォトブログホームページ作ってみませんか?
流氷ー網走能取岬&旬? 北見市常呂町
2020.03.13
流氷ー網走能取岬 北見市常呂町
2020/3/13
流氷ー網走能取岬&旬? 北見市常呂町


昨日の常呂町です。網走の能取岬が良く見えるホタテの堆積場から撮影しました。管理者、昔から好きな場所です。北見市常呂町には流氷観光施設が全くありません。ここに展望台でも作ったらいいと思うのですが。

常呂町へ来る前に浜佐呂間の斉藤商店で、サロマ湖が全面結氷する真冬にしか漁をしない「サロマ湖産の剥き牡蠣」を買おうと寄ったのですが終了したそうです。残念。カキを剥く漁師さんがホタテの作業に移った為だそうです。ただ殻付きの牡蠣はまだ漁をしているので買えます。今度は牡蠣の酒蒸しにするので買いに寄ります。また、自分で剥いて生でも食べますし、殻付きのままガスコンロに載せ焼いても食べます。牡蠣は冷蔵庫で一週間は生きています。凄い生命力!

3月末頃には海明け(流氷がなくなる事)になりホタテ漁が始まります。まだ試験操業ですが。この頃はサロマ湖産の旬のカキと旬のホタテの両方食べられる貴重な時期です。また4月頃から常呂産の「山わさび」が掘れる時期に入ります。この3つの旬を食べて免疫抵抗力を更に付け(&毛ガニ、カレイ、ニシンなども)、ウィルスに負けない体作りに努めています。春には行者ニンニクも。あくまでも管理者だけの健康管理ですよ!

昔から人は旬の物を食べると1年長生きすると云われています。管理者、冬はサロマ湖産の生きた牡蠣をよく食べます。酢牡蠣にして食べると体が元気になった気になります。やはり冬はどうしても旬の物が食べられないので人は免疫抵抗力が落ちるのかも知れません。管理者、自分の体に免疫抵抗力を付ける、自然治癒力を高める食べ物を食べるよう心掛けています。後は川湯温泉かな?


あなたも写真をメインとしたフォトブログホームページ作ってみませんか?
2020.03.13 05:50 | 固定リンク | 流氷

- CafeLog -